「ものづくり・商業・サービス補助金」の活用事例

創業35年を迎える印刷会社様に「ものづくり・商業・サービス補助金」の申請をサポートさせていただいた事例をご紹介します。
現社長様が30歳になる年に創業され、印刷物の需要の増加の波に乗って順調に事業を成長させてきたものの、近年は電子化による影響を受けると共に、長年使用してきた印刷機の老朽化と最新設備との性能差が事業の重荷となってきていました。
会社としても近い内に息子さんへの代替わりも行う予定をされており、その前に印刷機器の設備を刷新することを検討されていらっしゃいました。
そこで当協会にご相談いただき、「ものづくり・商業・サービス補助金」の申請をサポートさせていただきました。
結果として無事に採択され、新規設備投資にかかった費用3,000万円の1/2にあたる1,500万円が交付されました。

Follow me!