オフショア開発を事業化するための事業計画書の作成支援例

日本国内のIT企業でプログラマーとして働いた後、母国ベトナムでのオフショア開発を事業化するために起業された30代のベトナム人経営者様を支援させていただいた事例をご紹介します。
日本語は流暢に話される方でしたが、起業のための資金調達と日本国内での起業に不安があるとのことから、当社団にご相談をいただきました。
詳細をお伺いしたところ、引く手数多の非常に需要が大きいビジネスであり、事業化できればすぐ成長が見込める事業だと判断。
ベトナムでのエンジニア人材確保と機材費はかかるものの、初期段階で多額の資金は必要ではないことから、エンジェル投資家の方からの資金調達が最適と考え、そのための事業計画書作成をサポートさせていただきました。
結果として資金調達に成功され、現在、無事事業を展開されていらっしゃいます。

Follow me!