著作権の侵害に関する相談で中小企業119を通じて弁護士をご紹介

電子書籍の出版をサポートする事業をされていらっしゃる企業の経営者様からご相談を受け、中小企業119を通じて弁護士の先生をご紹介した事例についてご紹介します。
この方は個人のクライアントから依頼を受け、小説、随筆、自伝、レシピ本、ビジネス書などジャンルを問わず様々な原稿を編集し、電子書籍化、その後、電子書店に登録し、電子書籍の販売をサポートする事業を展開されていました。
ある電子書籍の読者の方から著者様宛てに書籍の中で自分が撮影した写真が無断転載されており、これは著作権の侵害に当たる、との内容証明郵便が届いたとのことで、法律の専門家に見解をうかがいたいと当社団に相談をいただきました。
このお話を受け、当社団では中小企業119を通じて知的財産権を専門とされる弁護士の先生をご紹介させていただきました。

Follow me!