【事業再構築補助金第12回公募対応】審査員視点チェックシートの販売について

【事業再構築補助金第12回公募対応】審査員視点チェックシートは、事業再構築補助金の計画書に書いていることが審査員の眼からどのように映るのか知りたい、審査項目を読み解く時間がない!仮審査をおこなって企業を支援したいという方にお勧めのツールです。シートには、公募要領の注意事項、審査項目、事業計画書作成ガイドブック等、政府が公表している資料を参考に計画書に記載すべき事項や考え方を項目ごとにまとめています。


事業再構築補助金徹底解説セミナーへご参加いただきありがとうございました。

セミナー中にご紹介した審査員視点チェックシートの販売を行うことは想定しておりませんでしたが、多くの方から譲ってほしいというお声をいただきましたので、今回販売に踏み切りました。売り上げは全て当社団の運営に充当し皆様に有益な情報を発信する原資として使用させていただきます。

今後も、中小企業の発展の為に皆様と一緒に活動ができればと考えておりますのでよろしくお願いいたします。また、本販売ページは会員、セミナーにご参加いただいた方、支援機関のみに公開しておりますのでSNS等でのご紹介はお控えください。諸事情(提出される計画書の質があがりすぎると・・・)により多くの方が購入されることは避けたいと考えております。

        審査員視点チェックシートの使い方解説動画

文章力に自信がない方や箇条書きでしか文章を書けない方もご安心ください。試験開発中のGPTsを活用することで、事業計画書の下書き作成が可能です。GPTsは本チェックシートの考え方を学習しており、審査で得点が狙いやすい計画書の下書きが作成できます。

※下書きが作成できたあとは、チェックシートを使って計画書に記載すべき事項や考え方に合致しているか確認をして清書を行う必要がありますのでご注意ください。

なお、GPTsは現在試験開発中のため、本ツールをご購入いただいた方には無償で提供いたします。ただし、試験開発中のツールであるため、不具合等については対応できかねますのでご了承ください。

             GPTsの使い方解説動画

【事業再構築補助金第12回公募対応】審査員視点チェックシートと試験開発中のGPTsを、事業計画書が作成したことが全くない事務職の方、計画書を作成経験がある部長クラスの方、コンサルタントの方、コンサルタント補助者の方に使っていただきどの程度で計画書の下書きを作成することができるかを実験しました。

結果は以下の通りです。※数値計画の策定時間は除く

・事業計画書を作成したことが全くない事務職の方 8時間

・計画書を作成経験がある部長クラスの方  5時間

・コンサルタント    2時間半

・コンサルタント補助者  4時間

商品を購入いただく上での注意事項

  • 本商品は採択の可能性を高めることを目的としているもので、採択を保証するものではありません。
  • 本商品の各項目に記載されている、記載すべき事項や考え方は政府が公表している資料をもとに作成したもので審査員が審査を行う際に使用しているものでありません。
  • 本商品をご購入いただいた方には試験開発中のGPTsを無償で提供いたします。ただし、試験開発中のツールであるため、不具合等については対応できかねますのでご了承ください。
  • 本商品及び試験開発中のGPTsは、購入いただいた方ご本人と、ご本人が所属されている会社内での利用を想定しています。したがって、第三者(支援先含む)への譲渡や商品内容の漏洩は禁止致します。
  • GPTsの利用はOpen AI社の有料プランに加入する必要があります。
  • 著作権は一般社団法人九州広域行政事務支援機構に帰属します。無断で第三者に提供・公開することは固くお断りします。また、本商品そのもの、本商品を改変したものを転売することを禁止致します。
  • 必ずチェックシートの使い方を見て商品の性質をご理解いただいたうえでご購入をお願いいたします。商品の性質上購入後の返品はお断り致します。

販売価格 19,800円(税込)

ご購入はこちら

Follow me!