飲食店を開業されたインド人経営者様への支援事例

飲食店を開業されたインド人経営者様と金融機関とのマッチングを支援させていただいた事例をご紹介します。
この方は大学生の頃、交換留学で日本に来日し、インドの大学を卒業後、日本国内のインド料理店に就職し、働いていらっしゃいました。
その後、40歳を迎えた年に独立し、自分でインド料理店を開店することを計画されていました。
物件は飲食店の居抜きを狙い、初期費用は抑えられそうでしたが、自己資金は1,000万円と開業資金としては心もとないため、金融機関からの借入を検討されていました。
飲食店で長年の経験がある点と、開業後すぐに返済を開始できるであろう点を鑑み、最適な金融機関探しをサポート。
結果、無事、金融機関とマッチングし、開業資金および運転資金として500万円の融資を得て、店舗の営業を開始されています。

Follow me!