人材エージェント会社を創業された韓国人経営者様への支援事例

韓国国内の大学で日本語を勉強した後、日本に来日、国内の人材エージェントに就職。
35歳で独立し、同業で会社を創業された韓国人経営者と金融機関とのマッチングを支援させていただいた事例をご紹介します。
人材エージェントは、最低限の通信機器さえあれば仕事ができるため、元手があまりかからない事業です。
ただ、相談者との面談の機会が数多くあるため、カフェやホテルを利用されていました。
ネックはその都度飲食代がかかることで、コワーキングスペースへの入居を考えていらっしゃいました。
また、同じタイミングで新たに1名社員の採用も計画し、そのための資金調達を検討されていました。このケースでも当社団では、最適な金融機関選びをサポート。
結果、金融機関から100万円の融資を得られ、事業拡大に活用されていらっしゃいます。

Follow me!